私が共感・リスペクトする、仕事や生活をしている方々のご紹介です。 ※ブランド名昇順です。

 

buddy

「1杯のコーヒーが多くの犬猫たちを救う」。 Buddyのコーヒーは、売上の一部を犬猫を保護するシェルター設立の基金に使われ、コーヒーを通して動物のことを少しでも考えてもらうきっかけを提供しています。 スタッフの女性2名は、プライベートでも犬猫の保護活動をしながらの多忙なキャリアウーマンで、センス抜群のふたりのアイデアがBuddyの至るところで光っています。 「69の会(動物愛護について考える)」で知り合った私たちは、犬猫を救いたい同じ目的を持った同士です。

 

 

543800_385767848181396_213528592_n

天然素材を使ったリラックスできる日常着をコンセプトにしている「cimicuri」。 企業勤めしない働き方、地方へのIターン、古民家暮らし、自給自足など、いま流行していることを10年ぐらい早くやっている夫婦。 当時は周囲を驚かせていました。 広大な土地で米から野菜まで自給自足しながら、旦那さんがひとりで改装してしまったステキな古民家で、可愛いすぎる子供とボストンテリアに囲まれた生活から生まれる「cimicuri」の服は、ほのぼのとあたたかい。

 

 

369f05905b8cefd2fbf6fb6907f2a8cc廃材や流木を使ったエイジング加工で、アンティークのような風合いの家具や雑貨を作っている「coast17」。 都心と田舎を行き来し、趣味のサーフィンや音楽を目一杯楽しみながら、本業の合間に家具作りをする多忙が楽しそうな彼は、わたしの理想の「働き方」をしています。 我が家には窓辺専用のキャットタワー・作業台兼テーブルと、「coast17」にワガママいっぱいにオーダーした家具が増殖中です。

 

945918_539682636077632_773372635_n

小さい会社のWEB活用支援をしている、WEBマスター・コンテンツプランナーの遠藤聡さんは、「WEBマスターの手帳」で最新のネタを発信しています。 私を含めITを不得意とする女性フリーランスは、遠藤さんに足を向けて寝られないほどお世話になっています。 梅雨時に一緒に撮影にまわった「HAPPY下町」の撮影・編集は遠藤さんがひとりで担当し、他のバージョンと比較してもクオリティーの高い仕上がり。 最近では動画にも力を入れているようで、地方に飛び回っていて楽しそうです。