2013年、およそ1年の間に4匹の愛猫を天国へ見送りました。

 

心の整理ができていないのに、もの悲しい供養場所に次々と増える骨壷・・・

決して悲しい思い出ばかりではないのに、骨壷に向き合うたびに悲しみでいっぱいになっていました。

楽しかったことを思い出せるような供養場所に見た目だけでも変えたいと思い、愛猫それぞれのためにオリジナルの骨壷カバーを手作りしていました。

愛猫のためにしてあげる"何か"がまだある事が嬉しかったのです。

 

ペットロスがひどかったこともあり、エンジニアを辞職。

2014年、「ethicolorful」ブランドを立ち上げメモリアルグッズの販売をスタートさせました。

わたしと同じように、ペットを亡くした悲しみでいっぱいの飼い主さんに、ペットとの楽しかったことを思い出せるような明るく可愛い骨壷やカバーで少しでも前向きな気持ちになってもらえたらと願いながら、ひとつひとつオーダーメイドで手作りしています。

 

現在は、2匹のネコと暮らしています。

3.11の避難区域で生まれ、福島のボランティア団体に保護されていたダッシュくんとシルブくんです。

 

また、2016年春に 一般社団法人LOVE & Co. を設立しました。

飼い主のいない犬猫の保護・譲渡活動を行いながら、里親募集を兼ねたコーヒーや雑貨ブランド「LOVE ME SHOP」や様々なワークショップを展開。事業利益をシェルター運営費に充てることで、寄付だけに頼ることなく長期的に持続可能なソーシャルビジネスを目指しています。