buddy5

社会貢献できる消費 犬猫の幸せのためにBuddyコーヒー

Pocket

 

 

 

売り上げの一部が不遇な犬猫のためのシェルター基金になる「Buddyコーヒー」は、個人で犬猫の保護活動をそれぞれにしている2人が、コーヒーを飲みながら「コーヒー 一杯で犬猫たちを救えたらいいのにね」と話した会話がきっかけでしたスタートしました。

2014年に開催された「69(ロック)の会 動物愛護について考える」で、Buddyコーヒーの宣伝をしていたその2人に出会ったわたしは、Buddyのステキな取組みを応援するとともにプライベートでも連絡を取り合うようになり、この夏からわたしもBuddyのスタッフとして参加することになりました。

 

Buddyコーヒーは、犬猫が好きな方へのギフトとして喜ばれているというのが納得の、イヌとネコのキュートなデザインパッケージが特徴です。そして、手軽に本格的な味が楽しめるドリップコーヒーというのもいい感じ。

buddy5

buddy2

 

ラベルのこだわりようも、犬猫好きにはたまらないポイントです♡

buddy7

 

マグカップやタンブラーなどのグッズや、「猫づくしセット」などのギフトセットも可愛い!

buddy1

buddy8

 

予算に応じたカスタムオーダーも可能だそうで、これはウェディング用のプチギフト☆

buddy6

 

わたしは普段コーヒーを飲む習慣が無いのですが、これから販売するコーヒーの味ぐらい知っておこうと飲んでみたフレーバーコーヒーにハマりましたヾ(*´∀`*)ノ

コーヒーは大人味すぎるし、紅茶は香りが好きだけど味があっさりし過ぎでついがぶ飲みしてしまうので、どちらもそれ程ハマったことがないのですが、フレーバーコーヒーはコーヒーと紅茶の良いところを足した感じといいましょうか。バニラやキャラメルの甘い香りや、ブルーベリーやハイビスカスのフレッシュな香りが、ふわりと広がったあとにピリリとしたコーヒーの奥深い味わい。

ブレイクしたい時のフレーバーコーヒーは、わたしの新習慣になりそうです♪

 

 

Buddyコーヒーは、これまでオンラインショップでの販売がメインでしたが、犬猫に興味がない方たちや、“動物愛護=なんとなくコワい“というイメージを持っている方にも、ゆる~く犬猫の問題について考えてもらえるきっかけを作ることができたらなと、食料品店やインテリア雑貨店などをはじめ、最近人気のマルシェ系イベントなどでも手に取ってもらえるような販路を作っていけたらと思っています。

buddy3

 

ご自身が参加されるイベントやギャラリーなどで、Buddyコーヒーのサンプリングや販売、コーヒーのサーブに興味のある方はぜひご連絡ください♪

また、Buddyと同じような理念(犬猫のシアワセ)を持っている企業やショップさんとは、お互いの得意分野を活かしながら協力して、日本の犬猫問題を少しでも早く改善していきたいです。

 

 

自分のためだけに消費を繰り返す時代は終わりました。これからは、環境や社会のためになる消費が主流になると思います。

なにから始めて良いかわからないけれどイヌやネコが不幸な社会はイヤだな・・・と思う方は、Buddyコーヒーから一緒に始めませんか?

 

Buddyの宣伝スタッフとして活躍しているイヌネコも、facebookページInstgramでいい味だしてます。応援よろしくね~(*´エ`*)

buddy9

 

 

top_memorialgoods

Pocket