kitchen

大掃除不要 マメ掃除のコツ

Pocket

 

 

 

年末に大掃除できなくて、この3連休にやるぞぃって方が多そうなので、

大掃除自体をする必要がなくなる、お掃除ハウトゥーを、

「断捨離」 ⇒ 「マメ掃除法」 ⇒ 「楽しくなる掃除グッズ」 の予定で3日間お届けしています♪

 

昨日の「断捨離」のポイントは、処分するか判断する際「使うかも」「着るかも」「読むかも」と、

脳裏に「かも」がでてきたら迷わず処分しましょう。でした。

まだ読んでない方はまずはコチラから先にちぇけら。

では今日は、「マメ掃除法」です。

マメに掃除しておけば年末の大掃除なんてしなくていーんです。

なんてワンダフル! ワンダフル年末!

 

 

【モノを棚にしまう】

「断捨離」で空いたクローゼットや棚のスペースに、出しっぱなしのモノをしまいましょう。

「よく使うから手の届く範囲にあえて出してある」とかは受け付けていません。

あえて飾っているもの以外の、実用品はいったん全部しまってみてください。

 

例えばキッチン、見せる収納グッズを使って調味料や調理器具をここぞとばかりに出しがちです。

だって便利ですもの。

しかしコンロで料理した場合、油がかなりの広範囲に飛び散りますので、

1か月もすれば、調味料などは油ギッシュの被害者です。

便利だから出していたはずが、マメに油ギッシュを拭き拭きしなければなず

全く便利じゃないことに気づいている方も多いはずです。

 

ちなみに、うちのキッチンに出ているのはコレだけ。

kitchen

 

塩・コショウはウサギちゃんのミルを出してますが、

シンク上にマグネットで付けてるので油ギッシュの被害者ではありません。

モノが何も出ていないので、料理した後はコンロを含め壁など全体を拭いてしまいます。

わずが数秒ですがコレを毎回しないとでいると、

年末に、コンロ周りの油ギッシュ被害者を、つけ置き洗いをするハメになります。

 

キッチンだけではなく、お風呂などの水回りも使い終わったら数秒タワシで洗い流すことを習慣にすると、

水垢やカビなど大変な事態にはならずに済みます。

テーブルや棚の上も同様に、出ているモノが無ければ、

思いついたときに、クイックルワイパーハンデなどでなぞるだけの簡単さ!

 

あなたは、モノが出ている便利さと、掃除しやすい便利さどちらを選びますか?

 

 

【居心地のよいインテリアにする】

自分が好きなインテリアで居心地のよい生活をすることで自然に掃除が習慣化されます。

例えば趣味のモノを飾っている場所に、別のものは置きたくないですし

ホコリまみれだったら台無しですよね。

わたしはファーファを集めていますが、ここに化粧品の瓶やティッシュ箱が出てたら台無しです・・

誰が見てなくても自分が見たとき気分悪い。精神的によくないです。

fafa

 

 

 

【週末の掃除の仕方を変える】

平日は仕事なので、掃除は週末にまとめてやる派が多いと思います。

掃除機かけて床拭いて水回りを掃除するというレベルが多いでしょうか。

その普段の掃除に、プラスα「エリア分け掃除」というのを取り入れてみてください。

まず、家をいくつかのエリアに分けます。

玄関・洗面所・トイレ・お風呂・キッチン・リビング・寝室なかんじです。

そのエリアをとことん掃除するのです。

 

例えば洗面所だったら洗濯機や洗面所の扉も。

キッチンだったら冷蔵庫の中から棚の中までやることで賞味期限切れもチェックできます。

リビングだったらリモコンも掃除します。(リモコンは綿棒が便利ですのでサランラップでくるまないでください。)

 

ちょっと大変そうな「エリア分け掃除」ですが、

エリアをルーチンでまわした場合、2か月に1回はそのエリアがまわってくるので、

2回目以降はかなりラクです。

 

これらの掃除法で私の去年の大掃除は30分で完了しました。

※掃除機などの掃除用品自体の掃除は忘れがちです。それに30分要してました。

掃除を楽にするもっとも簡単な方法はマメに掃除する、ということです。

これができるようになったあなたは、今年ワンダフル年末を満喫していることでしょう。

 

top_memorialgoods

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。