stilllife_034

国分チエミさんの”不思議な世界”の水彩画から、色彩感覚を学ぶ!

Pocket

 投稿:矢沢苑子

 

 

イラストレーター 国分チエミ さんの水彩画を、本の装丁や広告などで見たことがある方は多いかと思います。

薄く溶かした絵の具を何層にも塗り重ねた手法による独特な色合い、絶妙な配色で描かれたイラストは、

どこか懐かしく、寂しげでもあり、まるで夢の中の世界にトリップした感覚がします。

 

その作品の “不思議な世界” を、色を通してご紹介します。

 

 

白・グレー・ベージュの淡いトーンが、ほっこりと優しい気持ちにさせてくれます。

棚の中にキレイに並んだ様々な生活雑貨のイラストを見ていると、

1960年代あたりのクラシックなものが好みの女性なのかな・・など想像が膨らみます。

お皿・本の鮮やかなアクセントカラーが、この作品のポイントに。

http://www.kunibu.net/
http://www.kunibu.net/

 

 

ピンクとグレーは最強にステキな色の組み合わせです。

カラフルすぎるのが苦手な方は、グレーに淡い色を1色使うと失敗がありません。

ベージュ・きみどり・みずいろ・パープル どれもしっくりきますが、ピンクはガーリーさが出て可愛いですね。

リーフにやってきた黒い小鳥が、作品の引き締め役になっています。

http://www.kunibu.net/
http://www.kunibu.net/

 

 

おっと、偶然です。

上で書いたグレーにプラス1色。 ベージュ・きみどり・みずいろ・パープル 全てが詰まっています。

いろいろな形の梨が描かれているようです。 イラストの発想もオモシロイ ヽ(・∀・)ノ

http://www.kunibu.net/
http://www.kunibu.net/

 

 

赤みのオレンジからパープルまで、大胆なグラデーションが背景に使われており、

一見エキゾチックになりがちな配色を、白の陶器とフルーツで緩和され、国分さんらしい作品になっています。

1粒落ちた反対色の緑がアクセントになっていてステキ♪

http://www.kunibu.net/
http://www.kunibu.net/

 

 

インテリアがイラストになった可愛らしい作品。

薄いパープルの寂しげな部屋が、オレンジのフラワーベースの存在でハイセンスに。

カーペットの、パープル・オレンジのグラデーションによりカラフルな作品に変身。

この部屋にはどんな人が住んでいるのでしょう。

読書好きなおばあちゃん。カーペットはお手製!?  椅子の角度が腰に負担になってないか心配です。

http://www.kunibu.net/
http://www.kunibu.net/

 

 

大きな観覧車がある遊園地がモノトーンで描かれています。

カラフルであるはずの遊園地から色彩を奪うことで、別次元にトリップしたような作品。

http://www.kunibu.net/
http://www.kunibu.net/

 

 

色のトーンや彩度・明度など難しいことを考えなくても、

アート・フラワーショップ・商品のパッケージなど、色の組み合わせがステキなものを意識して見ることで

色彩感覚や養われますのでオススメです。

公式サイトのGALLERY には多数の作品が掲載されていてるので、色彩感覚をアップ!

 

 

国分チエミさんのイラストと、太陽漆器 のコラボレーションで

「ことりの玉手箱」 という可愛らしい小物入れが、4色展開で限定発売されています。

やはり色合いがとてもキレイ ♥

wabist.com
wabist.com

 

 

記事タグ:国分チエミさんの”不思議な世界”の水彩画から、色彩感覚を学ぶ!

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。