SugamoShimura307

まるでアート! 巣鴨信用金庫のカラフル建築と日本のこれから

Pocket

 投稿:矢沢苑子

 

巣鴨信用金庫のカラフルな建物、ご存知の方も多いはず。

手がけたのは、フランス人の建築家・デザイナー 「エマニュエル・ムホー」 さん。

色で空間を仕切る 「色切/shikiri」 という手法を用いた建築や内装は、

彩度の高いカラフルな色を豊富に用い、日本を豊かにハッピーにしてくれます。

 

 

◆巣鴨信用金庫

信用金庫の固いイメージをひっくり返してしまいました。

外観からまずビックリ。 道行く巣鴨のお年寄りが腰を抜かさないか心配です。

アミューズメントなのか美術館なのか? 待合室やATMまでもがカラフル。

 

こんな可愛い信用金庫、用事が無くても通いたい。 テーマが異なる4支店ツアーしたい。

 

http://www.emmanuelle.jp
http://www.emmanuelle.jp

 

http://www.emmanuelle.jp/
http://www.emmanuelle.jp/

 

http://www.emmanuelle.jp/
http://www.emmanuelle.jp/

 

http://www.emmanuelle.jp/
http://www.emmanuelle.jp/

 

http://www.emmanuelle.jp/
http://www.emmanuelle.jp/

 

 

 

◆ABCクッキングスタジオ

日本全国に約120存在し、そのいくつかのスタジオ内装を手がけています。

「世界中に笑顔の溢れる食卓を」というABCの想いどおり、思わず笑顔になってしまうお料理教室。

こちらも見学ツアーしたくなるカラフルスタジオです。

http://www.emmanuelle.jp/
http://www.emmanuelle.jp/

 

http://www.emmanuelle.jp/
http://www.emmanuelle.jp/

 

http://www.emmanuelle.jp/
http://www.emmanuelle.jp/

 

 

他にも彼女が手がけるインテリアやショップは数多く存在します。

そこを訪れた者を圧倒させてしまうカラフルな色使いは、「シンプルが一番美しい」 と思ってきた日本人に、

「色」による効果や、単純にハッピーにさせてくれる「色」について、新たな気づきをもたらしてくれます。

 

 

インターネットが普及し、海外の建築やインテリアが豊富に見れるようになりました。

それらはどれも美しく、そしてその国らしい個性を持っています。

日本も、染物・陶芸・着物など日本古来からの色彩があります。

 

「果たしてシンプルが一番美しいのか・・」 そんな疑問を持った若者クリエイター達は、

新たな日本のプロダクトやアートを多く生み出しています。

海外のマネではない、日本の美を活かした新しい文化に期待したいし携わっていきたい。

日本古来のデザインを現代にも活かしたいと「間仕切り」にこだわっている 「エマニュエル・ムホー」 さんも、

そんな多くのクリエイターの中の1人。 これからどんな建築が作られるのか楽しみです。

 

 

 

記事タグ:まるでアート! 巣鴨信用金庫のカラフル建築と日本のこれから

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。