AndyWarhol

 「アンディ・ウォーホル展」 ポップな色の面白さ

Pocket

 

 

 

『 アンディ・ウォーホル展 永遠の15分 』 が始まりました。

 

初期~晩年までの作品がおよそ400展。

日本初公開の作品も多く、1日では時間が足りないほどの充実ぶりだそうです!

 

AndyWarhol

1つのモチーフを、色違いで展開するシルクスクリーンを使った代表的な作品は、

キャンベル・スープなどの商品から、有名人・政治家・ミッキーマウスまで多岐にわたります。

 

あえて量産できるシルクスクリーンという技法で、人工的な色を使い、

アトリエに若者を雇って制作させていたそれらの作品は、

アメリカの資本主義や大量消費を象徴しているかにみえ、

「15分で誰でも有名人になれるだろう」の彼の有名な言葉にも、

なにかしら共通する皮肉を感じます。

 

 

「色」が好きな方も、そうでない方も、

ポップアートの巨匠の色彩感覚を、肌で感じれるチャンスです。

新しい “気づき” がきっとあると思っています (゚▽゚o)

 

ミュージアム・ショプでは、バナナの枕などポップでキュートなグッズが満載とのこと。

行かれた方は、ぜひ感想を聞かせてくださーい♪

 

top_memorialgoods

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。