clover

家具のリストア・リメイクで愛着インテリア

Pocket

 

 

clover

昨日、うちに新しいスツールが仲間入りしました。

 

GENTO建築設計事務所が、余った廃材で家具を作っており、シナ合板を何層にも重ねたそれは

四葉のクローバー型のスツールに生まれ変わりました。

 

かわいい٩(♡ε♡ )۶ かわいすぐる

 

 

世の中には、昔流行した「○○風のデザイン家具」を安く大量生産した家具で溢れています。

よく見ると一番上の層だけが木材だったり、木目調のシートでコーディングしていたりする。

 

それらが全て悪いってわけではないし、家にもそういう家具はいくつかあるけれど。

愛着はわかないし、恐らくいずれ剥がれるか壊れるかして処分するのだと思う。

 

 

クローバーのスツールはアジが出る楽しさがあるので一生使っていくはず♪

 

うちには愛着のある家具が他にもあります。

chair

おばあちゃんの家にあった踏み台がひょんな流れでうちにきて、

いいアジでまくりのそれは、思い出もあって決して捨てられない。

 

それからfrancfrancのロングセラーで何色展開もしているヘレナチェアー。

15年ぐらい前にパステルカラーのブルーとパープルを買いました。

安物だけど形も色合いも大好きだし、スタッキングできる上に結構頑丈にできてるので、

ぴかぴかに磨きながら今でも大切に使っています。 きっとこれからも変わらない。

 

 

何年もの時代を越えて奇跡的に生き残った家具をレストア・リメイクし、

これまでと違った形で息を吹き返し、新たな家で大事にされていく。

 

最近、レストア・リメイクを専門にやっているところが増えていると感じます。

家具に限らずそういうモノの使い方やライフスタイルに少しずつ変化していくんじゃないかな。

 

 

大量生産や無駄な消費から脱皮し、自分らしいシンプルな生活をするには、

見る目を養っておきたいなと、スツールに腰掛けながらそう思うのです。

top_memorialgoods

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。