light

インテリア 照明・ライトの効果

Pocket

 

 

照明、マスターしてますか?

たかが照明、されど照明です。

 

電球と照明をマスターすれば、枯れかけた観葉植物も

床に積み上げられた雑誌やマンガも、70%ぐらいは無かったことに見せてくれます。

 

更に、居心地良すぎて引き篭りになること間違いなしです。

では、早速引き篭り目指して、電球の効果からマスターしましょう。

 

 

【電球】

最近LED含めいろいろな電球が登場していますが、ここでは3種類の効果をご説明。

 

● 白熱電球

「世界から夜が消えた」と呼ばれた、エジソンが開発した電球です。

赤みをおびたやわらかく温かみのある光で、陰影ができるためムードを演出できリラックス効果があります。

料理を美味しく見せる光でですが、緑・青系は鈍く色あせてみえるのでご注意を。

バカップルや新婚さんは、家中に白熱電球を!

 

●電球色(蛍光灯)

白熱電球と効果はほぼ同様ですが、陰影が少ないのが特徴です。

ムードは控えめなので、こなれた感じのご家族の寝室・リビング・ダイニングに!

 

●昼白色(蛍光灯)

くせのない自然な色合いで、爽やかで活動的な雰囲気を演出してくれます。

汎用性が高く最も一般的に使われている光です。

書斎や子供部屋やメークルームに!

 

白熱電球は省エネではないため、最近は蛍光灯がよく使われています。

左から順に赤みをおび、右にいくほど青みをおびます。 ムード ⇒ 活動的  とも言えます。

電球色 ⇒ 温白色 ⇒ 白色 ⇒ 昼白色 ⇒ 昼光色

 

 

【照明】

最近の物件では、既に天井にはめ込まれたシーリングタイプやダウンライトが流行のようですが、

別の照明機器を取り入れながら、引き篭り部屋を作ることをオススメします。

 

●ペンダントライト

名前のとおり、ペンダントのように吊り下げるタイプの照明です。

ダイニングテーブルではお料理を美味しく見せてくれ、かつ視野に入りやすいので、

ガラス製などのステキなデザインのものが多いのも特徴です。

 

●スタンドライト

スタンドの長いものから短いものまで様々出ており、最近ではスタンドが無い円球型も登場しています。

光の位置は、高いほど活動的に、低いほど安らぎを与えるので、場所によって効果的な高さのチョイスを。

寝室やリビングのくつろぎタイムには必需品の照明です。

 

 

 

わたしが住んでいる今の物件は、シーリングとダウンライトがはめ込まれています。

子供の頃から白熱電球で育ったので、陰影のない白熱電球以外はちょっと考えられなく、

シーリングライトの光は青白く目がチカチカするため、これまでほとんど付けたことがありません。

 

照明好きとしては最もつまらない物件だぜ・・とボヤいていたのですが、

昨晩、寝室のシーリングライトの取り外しに成功しました!!!

 

諦めないことが大事であると、ZARDと大事manブラザーズが教えてくれました。

 

light

あら、素敵。 いますぐ眠気が襲ってきます。

前の家から持っていた照明です。 断捨離しなくてよかった ヽ(;▽;)ノ

 

本が睡眠薬の代わりになっているのは、白熱電球オンリーの生活だからだと今気がついたので、

昼白色のクリップライトも必要ですね。

 

 

ダイニングのシーリングも取り外して、ペンダントライトにしようとウキウキ中です。

木目のダイニングテーブルにタイルを張って大変身させる予定なので、

大変身が終わったらダイニングテーブルに似合うペンダントライトを取り付け、

引き篭り部屋を完成させる予定です!

 

 

ちなみに、子供たちが遥か昔に巣立ったマミーは、家を好き放題に改装しており(壁とか塗装してる)、

メインの照明は1つも存在せず、占いの館のようにまっぴるまから暗い生活を楽しんでおります。

 

top_memorialgoods

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。