cat_8

ネコとの防災 地震の備えにハーネス買いました!

Pocket

 

 

 

猫のための地震の備えをした際に購入した、猫用のハーネスが届きました。

猫と一緒に避難所で暮らすために、ポータブルのキャリーケースやゲージ・トイレを購入しましたが、いつもと違う環境で興奮状態の猫が何かの拍子に脱走する可能性があるため、避難所生活用にハーネスを購入しました。

以前のブログはコチラ、沢山の方に読んでいただきました。 「ネコとの防災 地震の備えについて考える

 

猫用のハーネスは、大きくわけて3種類あります。

首と胴を紐で固定するタイプ。

 

首から胸部分を布で支えるエプロンタイプ。 身体が柔軟な猫は紐だけだと簡単に外してしまいそうですが、締め付けられるのが苦手な猫にも最小限の布でしっかりホールドできそうです。

 

胴体をしっかり包み込むベストタイプ。 窮屈さは否めませんが外されない安心感があります。

 

私が購入したのは、2つ目のエプロンタイプです。

ふふふ(´艸`) ダッシュ&シルブくん、あっさりと着てくれました。

cat_1

 

 

寝っ転がった状態でお腹を出してゴロンゴロンしてる・・・と思ったら、器用に脱いでしまいました。 脱ぎっぱなし↓

cat_harness

 

( ΦωΦ ) ドヤっ

写真 2015-01-20 15 50 15

 

 

首輪が大嫌いなシルブくんですが、不思議なことにハーネスは気にならないようです。

ハーネスをしたまま、ハーネスで遊んでみたり、

cat_3

 

 

オモチャで遊んでみたり、

cat_4

 

 

わたしのお腹の上で休憩してみたり、

cat_5

 

 

激しく爪とぎしたり、いつもと変わらない生活を満喫しています。

cat_6

 

 

ハーネスに付属されていたリードを付けてみたところ、自分にまとわりつく紐(リード)で遊んでいます。

余裕~ ( ΦωΦ ) ヒューヒュー

cat_7

 

 

この後、シルブくんと紐(リード)とダッシュくんの激しすぎる追いかけっこが始まったので、慌ててハーネスの予行演習を終了しました。

ダッシュくんにはもっとホールド力のあるベストタイプが最適だったのかもしれませんが、肝のすわったダッシュくんは避難所で誰より先にリラックスしている姿が容易に想像できるので、そもそもハーネスなど必要なかったのかもしれません。

モノの備えも大事ですが、何より地震が発生した際にどのように猫と行動するのかシュミレーションしておきたいですね。

ネコとの防災 地震の備えについて考える

 

 

top_memorialgoods

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。