写真 2015-03-05 13 16 48

ボルダリングできるキャットタワーがやって来た!

Pocket

 

 

 

人とペットが 「共に、暮らす。」 ことをコンセプトにした、ユニークなペット用品を作っているブランド「UNIHABITAT」。 ここは、アウトドア好きの男性が好みそうなデザインのペットグッズが多いので、「ペットものってなにかにつけファンシーなデザインが多いし、部屋に馴染まないし、あまり置きたくないんだけど・・・」 というお悩みを持つ犬飼い男子や猫飼い男子にオススメです。

そんなUNIHABITATさんで、にゃんこ読モを募集していたのでダッシュ&シルブくんをエントリーしました。 そして、前から気になっていたボルダリングタイプのキャットウォールがわが家にやって来ました!

unihabitat.jp
unihabitat.jp

 

キャットタワーって、置き型、突っ張り式、天井から吊るすタイプ、壁に固定するタイプ、窓に吸盤で付けるタイプなど海外製品も合わせると様々なものがありますが、ボルダリングするウォールタイプって初めて見ました。

網戸をよじ登るという趣味を持っているダッシュくんに、ウチの網戸が破壊される日もそう遠くないな・・・とつねづね懸念していたので、このキャットウォールは 「わが家にピッタリでいい!」 と思ったわけです。 そしてお値段もいい!と思ったわけです。 (´;ω;`)チーン

というタイミングで、念願のキャットウォールを読モ特典である 「タダGET!」 しました!ワーイワーイ(*´∀`*)

今年の年始に書いたブログ「2015年、流行するキャットタワーはコレだ!」で予測した、組み換え自由なダンボールタイプのキャットタワーもUNIHABITATさんでは販売しています。

unihabitat.jp
unihabitat.jp

 

 

ダッシュくんとシルブくんは共にバードウォッチングを趣味としているので、わが家の窓辺には既に2つのキャットタワーが設置されており、その横にキャットウォールも仲間入りすることにしました。

 

なにができるの~( ΦωΦ ) と、シルブくん。

cat_1

 

キャットタワーの一部だと思っているカーテンレールの上からも観察~

cat_2

 

ボルダリングする時のステップが5つ付いてきます。

cat_3

 

それらを必死に飼い主が組み立てている時、ネコらはこんな感じです。

完成したら起こしてね~(*´エ`*)zzz

cat_4

 

お待たせ! 完成しましたよ~♪

まずはダッシュくん、目でみて確認 ( ΦωΦ )ジロジロ

cat_5

 

臭いはどうかな ( ΦωΦ )クンクン

cat_6

 

感触はどうかな? ( ΦωΦ )ツンツン

cat_7

 

cat_8

えぇぇぇぇぇぇ、え!?

真矢みきの気持ちで 「あきらめないでぇぇぇぇ~~~」 と、心の中で飼い主は叫びましたがネコらには届かないようでしたので、ひとまず飼い主の方が諦めないことにしました。

窓際のキャットタワーは、もうお腹いっぱいなのかもしれない・・・と。

 

cat_9

キャットウォールが窓際に一瞬でも存在していたことを記念写真に残し、気を取り直して壁際に移動させてみます。 窓際のキャットタワーのすぐ横には飼い主のベッドがあるのですが、ヘッドボードと壁の間にキャットウォールを忍び込ませてみることに。

わずか数センチの省スペースも見逃さない、薄いキャットウォール スバラシイヾ(*´∀`*)ノ

 

 

うふふ( *´艸`) 思惑どおり、まんまとダッシュくんがやってきます。 クッションを踏み台に人生初のボルダリングです。

cat_10

cat_11

cat_12

cat_13

cat_14

おぉ! 幾度の困難も乗り越えて頂上を制覇した者だけがする清々しい表情~

 

その頃シルブくんは、隣の頂上(カーテンレール)から様子を伺っていました。

cat_15

 

下からも様子を伺っていました。。。

cat_17

 

横からも様子を伺っていました。。。。。。

cat_18

なにごとにも慎重な性格のシルブくん、よそ者のキャットウォールがやって来た初日に簡単に心を許すようなことはしないようです。

 

そして、

ガリガリ音に目を覚ました翌朝、キャットウォールに心を許したシルブくんがいました。

ポールを左手に抱きしめながら、ねじを必死にハグハグしています。

cat_19

cat_20

シルブくん、、、こ、こわい((((;゚Д゚)))))))

cat_21

 

やっと心を許したシルブくんと、とっくに心を委ねているダッシュくんは、キャットウォールで色々な遊びをはじめました。

cat_22

cat_23

cat_27

cat_28

cat_26

・・・・・・・・・。 ここはシルブくんにとって、遊び疲れたら戻ってくるホームみたいなものなのかもしれません。

 

 

ステップの大きさは2種類ありますが、大きい方を2つ横に並べるとベッドにもなります。

cat_29

cat_30

か、かわぃい (。→ˇ艸←)ププッ

cat_31

 

 

ステップの位置を毎日変えて様子を見たところ、わが家ではこのポジショニングがしっくりきました。

最上階は、両脇のキャットタワーや棚から飛び乗ってバードウォッチングやお昼寝をするエリア、下の階層は遊んだりよじ登ったりするエリアです。

cat_32

cat_33

cat_34

 

 

ベッドのヘッドボードに設置したことで、飼い主の密かな楽しみも見つけました。

cat_35

タワーの下から見る、ネコの ω ←ココ がたまらなく可愛いのです(。→ˇ艸←)ププッ

cat_36

ステップがもしもガラスだったら、肉球やお腹のモフモフなども見れたのになぁ~~~と妄想を膨らませています。

cat_37

 

 

このタワーの良いところは、隙間数センチさえあれば場所を選ばないため気分で設置場所を変えられることと、ステップの位置も自由に変えられるので、年齢による生活スタイルの変化や季節に合わせ、とても賢く好奇心旺盛のネコを飽きさせることなく、いつも新鮮な気分でネコがいられるところなのかもしれません。

 

top_memorialgoods

Pocket