cat_1

お花や観葉植物は危険 ネコと暮らすために諦めるべきこと

Pocket

 

 

 

猫と生活するには、諦めなければならないことがいくつかあります。

一般的なのは、旅行などのお泊りや、アロマオイルを炊くこと、お花や観葉植物を飾ることなどでしょうか。

 

お花に全く興味を示さない猫と暮らしていた時には、あまり気にせずお花を生けていましたが、ダッシュ&シルブくんがわが家に来てからはお花は諦めていました。

明日の撮影用に買ったチューリップなどを一時的に花瓶に入れて置いたところ、早速ダッシュくんがなになに~とやってきました( ΦωΦ )

これがお花だよ~ キレイだね!

写真 2015-01-22 15 31 43

 

 

え、、、、

cat_3

cat_2

 

 

わーわーわー、動揺して手ブレです。

口の中には入らず全て下に落としていたので大丈夫だとは思いますが、こんなにがっついて食べようとするなんて驚きましたし、残念ながらわが家では今後も引続きお花は禁止にします。

猫と暮らす楽しさを考えたら、このぐらいの我慢は仕方がないですね~

 

ユリ科、ツツジ科、ナス科、バラ科、ヒガンバナ科、キンポウゲ科、トウダイグサ科など、猫にとって危険なお花や観葉植物は700種類以上あるといわれていますし、特にユリ科は死に至ることもあるので要注意です。

 

 

top_memorialgoods

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。