写真 (3)

「coast17」オーダーメイド 隙間16cmに立つキャットタワー

Pocket

 

 

 

写真 (3)

 

窓辺専用のキャットタワー! オーダーで作ってもらいました。

お願いした「coast17」ブランドのオーナーは、塗装屋さんの3代目。 エイジング加工の技術を持っているので、内装業で出た廃材や、趣味のサーフィンの合間に見つけた流木を使って、アンティークのような風合いの家具や雑貨を作っています。

都心と田舎でのデュアルライフ。 本業の合間に家具作りをするというデュアルワーク。 サーフィンや音楽を目一杯楽しむオフタイムの充実。 わたしの理想とする「働き方」をしている方です。

 

 

わたしの部屋は窓からの見晴らしがよく、ネコが鳥鑑賞を楽しめるお気に入りの部屋なのですが、窓の下半分が不透明ガラスのため、窓にへばりついたり首を長くしないと鑑賞できないのが難点。

写真 (5)

 

猫背じゃないw

 

そこで、窓とベッドの16センチの隙間を使って、景色と鳥鑑賞を充分に満喫でき、且つ遊べるキャットタワーを作ってもらった訳です。 ラフ案を渡して3日後に届く仕事の早さ! オーダーメイドなのに通販のキャットタワーより激安です。

写真 (4)

 

 

今年の夏は、NPO法人を経営しているお宅の、玄関横の倉庫をレンタルスペースへ改装してもらいました。

無題

 

 

なんということでしょう・・・

元々壁を覆っていたツル性植物を活かし、得意のエイジング加工で、海辺を思わせるナチュラルで涼しげな小さなお店が完成しました!

 

作業台は開閉式で、イスは引き出し付き! 全ての家具は1畳ほどのスペースに収められる工夫が施されています。

写真 (8)

 

 

棚を支えているのは流木です。 ハンガーラックも流木で作られています。

写真 (9)

 

 

緑がごった返していた場所には、プランタースペースが用意されました。 田舎にポツンと存在するオーガニックカフェのマイナスイオンいっぱいのガーデンにいる気分に!

写真 (7)

 

 

流木を使ったフワラーベースはステキすぎ! (発案者は、わ・た・し)

写真 (6)

 

 

基本的な材料は、廃材や流木なので資源を無駄に消費せずに、新たな家具が生み出されます。 環境を配慮している方にはオススメです。

 

ウチには、廃材で作られたスツールがありますが、塗装もなにもされていない状態で3万円近くしました。 「廃材家具=安価」ではないブランドも多々存在します。

ブランドイメージとしてはもうちょっと価格を上げた方が良いんじゃないの? と言ってみると、「本業じゃないし、安い方がみんな嬉いっしょ」と言う金設け主義ではないオーナーの心意気による、ロープライス価格も魅力です。

彼の作品は、色合いもとてもステキなので色好きさんにもオススメ。

画像:Instgram

917915_221254511418206_1522254533_n

 

 

こんどは、多機能だけど可愛い万能テーブルをオーダー中なわけで・・・

届いたら紹介しますね!

 

top_memorialgoods

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。